調理器具の処分はどうしよう

>

どうやって整理する

初めに増えた調理器具を減らそう

まずは、同じ使用目的のものは1つにしてみましょう。
同じ使用目的の物が数個あるときは、一つにしてみてはいかがでしょう。
一番古い物を処分するのもよし、お気に入りをとっておくのもよしです。

次に定番と言われている調理器具をもう一度見直してみましょう。
例えば、菜箸とか。
自分は、菜箸より普通の箸が何膳かあればいいという方は、定番にこだわらなくてもいいと思います。

あとは、使いやすいか・手入れしやすいか・収納におさまるか、使い回しができるか考えてみましょう。
自分好みのシリーズを揃えてキッチンを統一というのも素敵ですが、使いやすいか、収納スペースの収まるか、手入れは簡単かを考えて揃えることをおすすめします。

また、使い回しというのは、例えば、おしゃれな鍋があれば料理をしてそのまま食卓にだせます。
ということは、大皿が必要ないということです。
ぜひ、一石二鳥のアイディアで物を減らしてみましょう。

調理器具の分類と場所

調理器具を用途別にしてみましょう。
出番が多いものを、一番使いやすい引き出しなどに収納してみてください。
使用する厳選した器具だけを、重ねずに置くだけの収納にすれば掃除も楽です。

また、毎日お弁当を作るときに使う調理器具は、ダイソーなどで蓋付のボックスに分類して引き出しに収納してはいかがでしょう。
使用するときは、ボックスごとだして使えば、片付けも楽チンです。
お弁当作りには、他に細々したグッツがかかせないですよね。
これも、透明ボックスや蓋付ボックスに収納しておけば、取り出しも楽で衛生面も配慮できます。

それぞれ、調理器具の居場所をキッチンで使う使用頻度でわけてみてはいかがでしょう。
調理の時、使用頻度の高いものは、コンロ近くに置いたり、下ごしらえの時や使用頻度が高いものや、必要だけど使用頻度の低いものは、シンク近くに置いたりして、自分が使いやすいように、居場所を工夫してみるのもいいと思います。


この記事をシェアする

トップへもどる