調理器具の処分はどうしよう

>

使わなくなった調理器具はどう処分するか

包丁・フライパン・鍋・ガラス

包丁は、金属製なので燃えないゴミです。
セラミック製も燃えないゴミです。
包丁は危険なため、回収する人が怪我をしないよう紙などで包んで、品名を書いておくのが一般的です。

フライパンも金属製で燃えないゴミです。

鍋は、金属鍋や土鍋によってかわります。
こちらも燃えないゴミです。

ガラス製の物は燃えないゴミです。
割れたりすると危険なので、包丁と同様に回収する人が怪我をしないよう厚紙などで包んで危険と書いておくといいでしょう。

全て、燃えないゴミとまとめましたが、自治体によっては、小さな金属類のゴミ回収日があったり、ガラスゴミの回収があったりする場合もありますのでその際は、金属は金属のゴミ回収日・ガラスはガラスの回収日に出すようになります。

電気調理器具

炊飯器は、分別が複雑な電気調理器具です。
炊飯器本体・内ぶた・内がまがそれぞれどのような素材か確認が必要です。
その素材に合わせて、それぞれ処分しなければいけません。

電子レンジについては粗大ゴミになります。

ミキサーは、こちらもそれぞれ本体とガラス部分を分けて出さなければいけません。

いずれにしても、各自治体の分別方法を確認する必要があります。
電気調理器具は、いろいろな素材が組み合わさっていますので、それぞれにわけての分別は必須です。

使用していない調理器具を処分するということは、キッチンを使いやすくすることでもあります。
各家庭で長年使用していない調理器具があったとしたら、きっと今後も使用しない確率が高いと思いませんか。
ぜひ、この機会に処分を考えてみてはいかがでしょう。


この記事をシェアする

トップへもどる