調理器具の処分はどうしよう

素材ごとわけて処分する調理器具

毎日、使う調理器具ですが、新製品や便利商品がでるとついつい買ってしまう方も多いのではないでしょうか。
そのうち、調理器具っていつのまにかどんどん増えていきますよね。

ぜひ、一度キッチン周りの調理器具を見直してみてください。
きっと、ずっと使ってない調理器具もあるでしょう。
同じ使用目的のものでも何種類もあったりしませんか。
引越しなどの機会があれば、調理器具を必要最小限に減らすこともできるかもしれませんが、引越しなどがなくても一度見直してみるといいかもしれません。
不要な調理器具を処分することで、キッチン周りがすっきりしますよ。

しかし、不要な調理器具を処分しようと思っても、素材がさまざまで迷う方がきっと多いでしょう。

家庭で使用される調理器具の素材はをまとめてみます。

金属製の物だと、ナイフ・ボウル・フライパンなどがあります。
ガラス製の物だと、ボウル・ミキサーなどがあります。
プラスチック製の物としては、ざる・ボウルなどがありますね。
他には陶器でできた鍋や、木製のざるなどですが、簡単にわけるとこのようになります。

プラスチックや、木製のものなどは「可燃ゴミ」で出せますが、自治体によって処分方法は違いますので、各地域の市町村ホームページで確認頂くとわかるかと思います。

また、包丁などの危険物や、フライパンなどの金属製のものは、不燃ゴミになりますが大きさや、回収する方が怪我をしないようになどの配慮が必要です。

各自治体によって細かい処分方法は違いますので、処分の前にホームページを確認しましょう。

他には、不用品回収業者やリサイクルへ依頼することも処分方法の一つです。
処分するものが少なければ、不燃ゴミや粗大ゴミにだすのもいいですが、未使用の調理器具がある場合はリサイクルショップもいいと思います。
ただ、一度にたくさん処分しなければいけないときには、不用品回収や買取業者へ依頼してもいいかもしれません。

使わなくなった調理器具はどう処分するか

調理器具の素材っていろいろありますよね。 処分するにも、包丁はそのまま大丈夫なの・・・・ フライパンはどうやって処分するの・・・・ 迷ってしまいませんか。 調理器具といってもプラスチックから金属、ガラスいろいろあります。 基本は素材ごとに分別することです。

処分ではなく寄付はいかがでしょう

家庭で不要になった調理器具。 何年も使ってないけど、なんとなくずっとおいてあるものなど・・・ まだまだ使えるけど古いから使ってないものなど・・・ ぜひ、寄付してはいかがでしょうか。 世界には、日本で不用品となったものでも必要としている人がたくさんいます。

どうやって整理する

ついつい素敵な調理器具などを買っていたら、いつの間にかいっぱいになって収納に困っている方いらっしゃいませんか。 キッチンスペースはあるけど、物が多すぎてまとまらないなど・・・ そんなとき、自分の好きな調理器具だけを残して上手に減らしてみましょう。

トップへもどる